ハチ対策をしよう|安心安全の生活を取り戻す鳩対策|駆除業者の見事な業

ハチ対策をしよう

男性

ハチに刺されると起きる症状

ハチは、一年のうち8月から10月にかけてが一番の活動期です。この時期になると、人間がハチに遭遇して刺される方が多くいます。そもそもハチは、自分の巣を守るために人を攻撃します。なので、巣にさわったり、いたずらしたりすると刺されます。ハチに刺された後の症状は、ハチの種類、毒の量、刺された場所によって反応が異なります。具体的には、刺された箇所が激しく痛んだり、赤み、腫れを伴います。その他にも、全身のかゆみ、息苦しさ、頭痛、気分が悪いなどの症状に陥ることもあります。さらに、ひどいケースだと、一気に血圧が低下してショック状態になります。その結果、死に至ることもあります。子どもなどは巣にいたずらをすることが多いので、早期に退治する必要があります。

家の中に入ってきた時の退治方法

ハチは、ベランダに干していた洗濯物を片づける際に部屋に侵入してくることが多いです。もしも自宅にハチが入ってしまったら、刺されないための退治のポイントがあります。最も安全な退治方法は、部屋の窓を開けて自然と出ていくのを待つのです。何とか追い出そうとしても、やみくもに新聞紙などで攻撃を仕掛ける方も多いです。ですが、このようなハチに刺激を与える行為は、逆に刺される危険が増します。もしも子どもがいたずらにハチに刺激を与えていたら、市販の殺虫スプレーを使うのも有効です。スプレーの使い方は、まずハチから離れた遠くから周囲にスプレーを撒きます。そして、蜂の様子をよく観察してから、今度は直接スプレーをかければ退治できます。このように、自分自身で退治することも可能なのですが、毒を持っているハチはともて危険な生き物となるのでプロに相談することが、安全な生活を手に入れられる一番の近道と言えます。